手軽にダイエットを成功させよう|脂肪吸引手術後の注意点を伝授

術後のことも考えることで

カウンセリング

脂肪吸引はリバウンドもしにくくする手段として、美容整形外科で人気となっています。脂肪吸引をする時は様々なことを確認する必要があり、医師の経験や技量を知ることも大切です。術後のイメージを上手く持つことも、美容整形外科に通う時に重要になります。

肥満を確実に解消する手術

注射

脂肪吸引手術を行えば骨格に負荷がかかりすぎる肥満でも問題なく痩せることが可能です。病院選びの基準としては事前のカウンセリングをしてくれることと、脂肪細胞そのものの除去など難しい手術ができることにあります。

脂肪吸引で魅惑のメリハリボディ

美容整形の種類や相場

ナース

美容整形の中でも年代を問わず人気なメニューである脂肪吸引の、種類や相場、また術後のケアはどのようなものでしょうか。脂肪吸引の代金を払えばダイエットより楽に短期間で簡単に痩せられると考えていいのでしょうか。

脂肪を分解する技術

水着の人

脂肪吸引で用いられるチューメセント法は、あらかじめ生理食塩水を注入しておく方法で、現在では基本的な技術になっています。カニューレに工夫をして脂肪を吸引しやすくする方法には、ボディジェット法やベイザー法があります。

痩せたい部分を痩せる

医者

脂肪を減らすために

部分的に脂肪を減らす方法として、脂肪吸引を考えている方は多いのではないでしょうか。脂肪吸引時に、一番気になることは、ダウンタイムになります。ダウンタイムとは、脂肪吸引後に回復するまでの期間になります。ダウンタイムの間は、むくみや痛みや内出血等が発生するでしょう。ダウンタイムは、脂肪吸引を行った場所等により回復までの差があります。大体、痛みが3日から5日ぐらいで収まって来ます。むくみや内出血が回復までは、2週間前後掛かります。手術日もそうですが、翌日も満員電車等はつらく、出来れば会社を休んだ方が賢明でしょう。また、手術後1周間ぐらいで抜糸をしますので、その時も会社を休む必要があります。その間は、炎症が収まって来ます。入浴や飲酒、激しい運動等の血行が良くなることは禁止になります。抜糸後は、入浴や軽い運動など血行を良くすると内出血の回復が早まります。ただし、激しい運動は1ヶ月ぐらいは避けて下さい。そして手術後は、1ヶ月ぐらいは圧迫下着を着けて患部を圧迫します。激しい運動を行うと汗で圧迫下着が濡れて、余分に圧迫下着を買う必要が出てくるでしょう。入浴時以外は、圧迫下着を着用するため、例えば二の腕の手術をした場合は仕事の制服などで半袖を着用しなければなりません。そうすると圧迫下着が見えてしまいます。その為、手術を行う時期なども考慮する必要があるでしょう。仕事で営業や立ち仕事が多く汗をかく場合は、手術後2日から3日ぐらいはシャワーも浴びれないために、休むか連休の前に手術を受けることをお奨めします。抜糸後は、立ち仕事等の軽い運動などは、回復を早めるのに効果的です。事務職などの座り仕事の場合は、仕事中は辛くはありませんが、家から駅までの歩きや自転車、満員電車等が辛くなります。少し早めに家を出る事も必要です。また、手術後の痛みは個人差がありますので、我慢をせずに痛み止め等を服用して積極的に痛みを抑える必要があります。手術後は、身体が熱を持ちますので脱水症状にならないように、まめに水分補給をしてください。また、手術で受けた肉体的損傷を修復するために、身体がタンパク質を消費しますので、食欲がなくなりがちになります。プロテイン等を活用して積極的にタンパク質を摂取する必要があるでしょう。タンパク質が不足すると筋肉が消費されて代謝が悪くなり太りやすい体質になります。脂肪吸引後、1ヶ月もたつとダウンタイムも終わり、目に見えて効果が現れて来ます。半年もすると更に効果が出てきます。手術後の半年から1年ぐらいは、経過観察のために、時々通院を行う必要があります。