男女

不動産投資セミナーなら短時間で必要な知識を吸収できる

基本的な流れ

アパート

ローンを組む場合

マンション経営では、ローンを組んでマンションを購入するかどうかということが、1つのポイントとなります。マンション経営では、ローンを組むことで、持っている資金の何倍もの価値の収益物件を購入して、経営ができるということが1つのメリットとなります。一括でマンションを購入した場合には、リスクを減らせるというメリットがありますが、レバレッジをかけられるというメリットを最大限に活かすなら、ローンを組むことがおすすめです。一定の条件を満たしていれば、住宅ローンが利用できる場合もありますが、一般的には銀行の不動産投資ローンやアパートローンを利用することになります。審査ではマンション経営をすることでローンを返済していけるかどうかが重視されます。優良な収益物件を選んでおけば、審査に通過する可能性は高いでしょう。基本的には家賃収入からローンを返済していくことになりますが、債務者の年収などの属性もそれなりに重要になります。給料に余裕がある人なら、いざとなったら給料からローンを返済していくという方法がとれるので、銀行側のリスクが下がります。銀行によっては、「年収600万円以上の方」といった条件がつけられていることもあります。ローン審査に通ったら、マンション経営を始めることができますが、そこがゴールではないということに注意をしておきましょう。マンション経営では、売却のタイミングも重要になりますので、定期的にマンションの売却価格をチェックしておくようにしましょう。