女性

美容整形の種類や相場

ナース

適切な価格と内容

美容整形の中で年代を問わず人気なのが脂肪吸引です。痩せ大国といわれる日本において、自分の理想の体型と現実の体型の違いに悩む人はたくさんいます。一般的に脂肪吸引とは、いらない脂肪を取って簡単に痩せられると考えられていますが、実際にはどうでしょうか。まず、種類があります。通常の細い2,3mm程度の管を入れ脂肪を吸引するタイプや、ベイザーといわれる今大変人気のメニューがあります。こちらは、脂肪の90%を取ることができ、また術後の皮膚の弛みの心配がないとされています。その為、従来の脂肪吸引で取りきれなかった際の再手術や、ふくらはぎやひじ下といった比較的脂肪が少ない部分にも効果を発揮します。もちろん、太ももや二の腕、背中や腹部、顔といった人気のパーツにも向いていて、一度の手術でかなり細くなることが可能です。そして気になる料金ですが、保険適用外のため場所によってピンキリです。また、有名な人気の先生に担当してもらう場合、指名料が必要な場合もあります。また、費用が安くすむと人気のモニター制度ですが、こちらは新しく入った機械やまだ慣れていない先生の手術を受ける変わりに費用を安くしてもらうようなことです。しかし、脂肪吸引でモニターになるのは考えたほうがいいでしょう。なぜなら慣れていない先生の場合、脂肪の取り残しや取りすぎなどで、仕上がりがボコボコになる可能性もあります。体型はラインが大事なので仕上がりはこだわりたい方が多いでしょうし、値段の安さだけに囚われずしっかりと考えるべきです。また、手術は受けてすぐ終わりではありません。自分の体の一部を取り除く訳ですから、通常の生活に戻るには日にちが必要です。さらに自分での対応も必要になります。吸引場所は、急に隙間が空いたため、水分や血液、組織液などが集まり大きく浮腫みます。その浮腫を押さえるために圧迫をするのですが、それは当日以降は自分で行います。圧着下着を使用する場合が多いので、術前に購入しておくのをオススメします。病院によっては販売してくれますので、カウンセリングの時に相談しましょう。また、少し日にちが経つとマッサージが必要になります。これは吸引場所の組織が固まりだすからで、しっかりほぐさないと、そのまま固まってしまいでこぼこした仕上がりになってしまいます。このように一般的にお金を払って楽に痩せられると考えがちな脂肪吸引ですが、自分の頑張りも必要になります。ですが、ダイエットではどうしようもない部分痩せには大きな効果を発揮します。