男女

不動産投資セミナーなら短時間で必要な知識を吸収できる

家賃滞納に泣寝入りしない

相談

保証会社を利用する

購入したマンションやアパート、満室なのに家賃滞納者がいるので収益が落ちているような状況は避けたいですね。せっかく投資用のマンションとして購入したのに、これでは意味がありません。家賃滞納者の連帯保証人に家賃を払ってほしいと伝えてもなかなか払ってくれず、かといって入居時に「この人は家賃滞納をしない人だ」とわかるわけでもありません。家主としては頭の痛い話です。これからの時代、家主は家賃滞納者に対抗する手段をもたないといけません。そこで役に立つのが家賃保証会社です。家賃保証会社は賃貸借契約の際、必要になる連帯保証人の代わりに手数料をもらうことで、第三者連帯保証人になる業務をしてくれます。そして借主が家賃を滞納した場合、今までは家主が取立てをしていたものを家賃保証会社が立替払いをしてくれるという嬉しいサービスもあります。滞納している家賃は、家賃保証会社が借主に取立てをしてくれます。さらに家主だけではなく借主にもメリットがあります。お部屋を借りたいが連帯保証人がいない場合でも、この家賃保証会社に加入をすれば、お部屋を借りることができます。気になる保証料ですが初回のみ支払えばよいものもあれば、月々支払わないといけないものまで会社によって違ってきます。審査もゆるい会社から厳しい会社など色々です。加入の際はたくさんの家賃保証会社のパンフレットを読まれて決めたほうが良いでしょう。これから確実にマンション・アパートで収益を上げていくなら、家賃保証会社は欠かせないものになるのではないでしょうか。